2017年11月20日 (月)

山中風景

 あるランの開花確認のついでに、何日振りかの山歩き・・・
Pb200009_2
 この辺りは小さな沢が複雑に入り組んでおり、未だ未踏の沢も多く残っている・・・
Pb200011_2
 小さな沢を幾つか踏査したものの、大した収穫もなかったのだが、潰せた事が収穫か・・・
Pb200012_2
 まだまだ未踏の沢は残っており宿題は残ったまま・・・
Pb200015_2
 ここは行き返りに何時も使う小沢なのだが、数種の希少種も生育する・・・
 下の画像は帰路に画像とした、色付き始めたオルドガキ・・・
20171120_186_2

2017年11月19日 (日)

ホソバリュウビンタイ

 先日の山歩きの際のもの・・・
Pa240028
 ホソバリュウビンタイ  リュウビンタイ科 リュウビンタイ属
 樹木の林立する場所では葉が立ち上がるのだが、こうした周囲の開けた場所のものは葉が横に広がって生育している・・・
 これでも葉は3メートルを越している・・・
Pa240027

2017年11月18日 (土)

セイタカアワダチソウ

 昨日、一昨日と西部で道路の草刈り作業・・・ そんな訳で久し振りに「金城旅館」泊・・・
 天候はすぐれなかったものの、大降りに合う事なく無事予定終了・・・
Pb100010
 北岸の県道沿いで狭い面積に生育していたセイタカアワダチソウ・・・
Pb100011
 西表島では初めて目にするものだが、やっかいな外来種・・・
 セイタカアワダチソウ  キク科 アキノキリンソウ属  北アメリカ原産の侵略的外来種ワースト100でもある
Pb100012
 大繁殖しない内に除去が必要だろう・・・
Pb100013

2017年11月16日 (木)

ホシアサガオ

 今日も一日中では無いものの雨が降っている、何時もで続くのだろう・・・ 
 先日、農道沿いに開花していた・・・
Pb050008
 小さな花なのだが結構目立つ・・・
Pb050009
 ホシアサガオ  ヒルガオ科 サツマイモ属   熱帯アメリカ原産の外来種
Pb050010
 当地でも方々にかなり野生化している・・・
Pb050013

南岸風景

 最近続く雨天の合間を狙って、先日の南岸ルートのイリオモテヤマネコ巡視時の風景・・・
Pb080021_2
 南岸ルートの終点岩場からナイヌ浜方面を・・・
Pb080023_2
 その岩場上から・・・ 右手前方には波照間島が・・・
Pb080022_2
 同じ岩場上から振り返って、南風見崎(はえみざき)方面・・・ 遠くには新城島・・・
Pb080024_2
 その岩場とナイヌ浜・・・
 下の画像は帰路のポーラ浜・・・ 誰ひとりにも会う事は無かった・・・
Pb080025_2

2017年11月13日 (月)

イシガキゴマフカミキリ  (カミキリムシから訂正)

 情報を頂き、タイトル含めて若干訂正した・・・
 軽トラで走行中にウインドウガラスのワイパーに突然止まったカミキリムシ・・・
Pb030023
 車を停めて、草に乗せて画像にしようとしたものの、動きが早く幾度となく飛び立つので、写せたのは1枚のみ・・・
 ビニール袋に入れて持ち帰ったものの死んでいた・・・ 「虫ナビ」で検索もしたのだが特定できなかった・・・
 その後、情報を頂いた・・・
 
 イシガキゴマフカミキリ  カミキリムシ科 フトカミキリ亜科
 与那国島に分布する ヨナグニゴマフカミキリの亜種とある
Pb030028

2017年11月12日 (日)

自動カメラ設置

 新たなルートへのイリオモテヤマネコの自動カメラ設置を終えた・・・
Pa240035
 このルート上にも10箇所にこうした自動カメラを設置・・・ 今後一年間ほど、2ヶ月間隔程度でカメラの交換が行われる・・・
Pa240048
 このルートで唯一の難所・獣道の岩場を歩く・・・
Pa240049

2017年11月11日 (土)

クミスクチン

 古見集落内の道路沿い、リュウキュウチクの竹藪に逸出したものが開花している・・・Pb060007
 数年前に気付いて以来、この時期には一応確認しているもの・・・ しかし、リュウキュウチクに被圧されてか以前の勢いはない・・・
Pb060008
 クミスクチン(和名 ねこのひげ)  シソ科 ネコノヒゲ属   東南アジア原産の多年草
Pb060011

2017年11月10日 (金)

ブソロイバナ

 本日もイリオモテヤマネコの巡視の仕事、崎田橋から西部・海中道路までを自転車で往復・・・
Pb100014
 その途中、県道沿いに開花していた・・・
Pb100015
 ブソロイバナ  シソ科 ブソロイバナ属   
Pb100016
 ネット上にはヨーロッパ原産の外来種との記載もあるのだが、さて・・・
Pb100020
 

2017年11月 9日 (木)

ショウベンノキ

 先日の巡視の仕事の際、県道沿いの林縁に見られたもの・・・
Pb060001
 今年はこの木の実付きは異常に良い・・・ かなりの株にこうした実がたわわに付いている・・・
Pb060002
 ショウベンノキ  ミツバウツギ科 ショウベンノキ属   高知県南部、大分県、長崎県以南から琉球列島に自生する
Pb060004
 「和名は、木を切ると水液が多く出ることによるとされている」とあるのだが、切ってもそうした現象はみられないのだが・・・
Pb060006

«スナハマスゲ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

お気に入り

無料ブログはココログ

ウェブページ