2017年2月22日 (水)

スパム対策

 今年に入ってコメントにスパムが度々入るようになった・・・
 そんな訳で、コメントを頂く皆さんには手間となりますが、対策を取らせて頂きます。
 こんなことは出来ればしたくないのですが残念です・・・
Cimg8582
 画像は何の関係も無い、先日の豊原から大原にかかった虹・・・

2017年2月21日 (火)

イリオモテハイノキ

 いつもこの株が周辺では早く開花する・・・
Img_1580
 いつも開花する山肌を眺めても見たが、まったくその気が無かった・・・
Img_1574
 山肌が色付くのはもう少し先になるのだろう・・・
Img_1581
 イリオモテハイノキ  ハイノキ科 ハイノキ属
Img_1578
 今咲いているこの株の花色は例年に比して若干淡いようだ・・・

2017年2月20日 (月)

チクシキヌラン

 開花は今の時期だと何箇所かを廻ってみたのだが、なんとこの一箇所・一株のみであった・・・
Img_1568
 チクシキヌラン  ラン科 キヌラン属  
Img_1570
 過去に見ている5箇所を廻ってこの一株とは・・・ 少し開花時期がずれるのかも知れない・・・
Img_1572
 それにしても不思議ではあった・・・

2017年2月19日 (日)

仲間川中流船着場歩道

 ぽかぽか陽気に誘われて、近くの河畔林を歩いてきた・・・
P2190001
 今日歩いた取っ付きがこの仲間川中流船着場の歩道・・・ この上部に仲間川展望所があり、カヌー利用者などが歩いている・・・
P2190002
 かなり昔からあった歩道で10年以上前に再整備されたもの・・・
P2190044
 私は上部の遊歩道から下ってきてから河畔林に入って行ったのだが・・・
P2190045
 わずかな距離しかないので、この歩道だけでは物足りないだろう・・・
P2190046
 この歩道は精々500m程度かな・・・
P2190047
 急傾斜地は階段なのだが、経年劣化が激しい・・・

2017年2月18日 (土)

ヤエヤマクロバイ

 昨日、大富遊歩道沿いを散策していて開花に気付いた・・・
Img_1588
 少し盛りを過ぎていたのだが、一応記録として画像に・・・
Img_1586
 小さな花なので自生を知っていなければ気付かないかも知れない・・・ でも今の時期、山中林床では落下したこの小さな花弁に気付くはず・・・
Img_1593
 ヤエヤマクロバイ  ハイノキ科 ハイノキ属
Img_1591
 西表島のハイノキ属には色々と右往左往してきたが、なんとか一段落した感じだ・・・

2017年2月17日 (金)

西部・中野の高台から

 先日の西部に行った時に通った高台からの風景・・・
P2130012
 高台にあるパイン畑の農道から、鳩間島を望む・・・  鳩間中森の灯台が白く 浮かんでいる・・・
P2130011
 向こうに見える3階建ては「ホテル ニラカナイ西表島」の従業員寮・・・ 今は星野リゾートの運営となっているようだ・・・
 こうした西部の風景も今ではたまに見る程度となっており画像に・・・

2017年2月16日 (木)

リュウキュウイノシシとオサハシブトガラス

 初めて目にする光景に出会った・・・
Cimg8634
 今日、未舗装のカーブを廻った先にこの光景が・・・ 急いでコンデジでズームアップ・・・
Cimg8635
 良く見ると単に遊んでいるのではなく、オサハシブトガラスが病気のリュウキュウイノシシの背中を突っついている、体には血痕も・・・
 血を吸っているのだろうか?  この後、リュウキュウイノシシは藪に逃げ込んで行った・・・

2017年2月15日 (水)

コウトウヒスイラン

 先日、西部に行った機会に寄ってみた・・・
P2130005
 知人宅の庭木に着生させたランが咲き誇っていた・・・
P2130007
 家人は留守だったのだが、「お邪魔します・・・」と声を掛け勝手に撮影させて貰った・・・
P2130008
 コウトウヒスイラン  ラン科 ヒスイラン属(バンダ属)   情報不足(DD)
P2130010
 このランは証拠標本も無く謎の多いもので、国内では唯一魚釣島に産するとされているが、「2006RDBおきなわ」でも「イリオモテランの誤認ではないか」との指摘もある・・・
 

2017年2月14日 (火)

シマアケボノソウ

 昨日、西部の何箇所を廻って幾つかの開花状況を確認に行ってみた・・・
P2130001
 シマアケボノソウ  リンドウ科 センブリ属   絶滅危惧Ⅱ類(VU)
P2130002
 この植物の自生地3箇所を廻ったのだが、花茎を上げていたのはこの株のみであった、残念・・・
 

2017年2月12日 (日)

ある沢筋の風景

 最近歩いた山中沢筋の着生植物など・・・
Pc070003
 ヤエヤマオオタニワタリの着生はいたるところに見られる・・・
Pc070002
 そのヤエヤマオオタニワタリの根株にアマモシシランとコブランが生育する・・・
Pc070015
 こちらは枯れかかったヤエヤマオオタニワタリにコブランが・・・ 近いうちに落下する可能性が・・・
Pc070019
 数種類の植物が幹を伝い、更にそこに着生するものも・・・
Pc070020
 この株にも更に多くの植物が・・・
Pc070022
 アマモシシランがカーテン状に続いている・・・ どれもヤエヤマオオタニワタリの根元から・・・
Pc070043
 この株も数種類が着生していた・・・
20161207_125
 一方、水中には大きな ショキタテナガエビ (と思う)・・・  はさみを広げると30cm近くある・・・

«やまねこマラソン