2018年5月20日 (日)

ある滝の巻き道

 少し前だが、ある滝の巻き道を探して歩いてみた・・・
P4180003
 ここは多分誰も歩かないであろう沢筋・・・ すぐにこの場所に辿り着いたが直登・・・
P4180004
 湿り気はあるもののほとんど水の流れは無い・・・
P4180005
 この小さな滝には少しばかりの流れが見られた・・・
P4180009
 湿った沢筋をしばらく直登・・・
P4180010
 最初の尾根越えだったが、なんとここには昔の尾根歩道跡があった・・・ 途中で消えてはいたが・・・
P4180015
 尾根を越えて降りた沢には落差8mほどの滝があった・・・ この下流100m弱には落差20mを越す滝がある・・・
P4180021
 この支流にはそこそこの水の流れがあった・・・
P4180022
 水量の性もあるだろうが淀んだ溜まりも・・・
P4180023
 この支流も少しづつ高度を上げて行く・・・
P4180024
 この上流を1時間ほど歩けば「祖納岳山頂239.9m」なのだが・・・ 当然、歩道などは無い・・・
 この支流を離れ沢を駆け上がった・・・ 二つ目の尾根越えまでで本日は終了・・・ 当日は6時間の行程・・・
P4180029

2018年5月19日 (土)

ハマホラシノブ

 先日の海岸歩きの際、出会ったシダ・・・
P5130030
 こうした岩場に生育する事の多いシダである・・・
P5130028
 ハマホラシノブ  ホングウシダ科 ホラシノブ属   海岸近くで良く見掛ける
P5130025
 シダらしい綺麗なシダではある・・・  下はソーラス・・・
P5130026

2018年5月17日 (木)

ランダイミズ

 この花を確認するために幾度かよった事か・・・ 一時は諦めかけていたのだが・・・
P4290093
 今年3回目の現地訪問でやっと納得できるものとなった・・・
Img_1678
 ランダイミズ  イラクサ科 ウワバミソウ属   絶滅危惧ⅠA類(CR)
P4290030
 国内では西表島のみに自生、他には台湾、中国南部、ヒマラヤに分布する。
P4290042
 今までは雌雄異株とされ「西表島では雌株しか見つかっていない」とされていたが、今回雌雄同株のものも確認できた・・・
P4290038
 雌花・・・ 花茎が短く花も小さく毛状・・・ 
P4290040
 形態が良く解らない・・・
P4290087
 雄花・・・  花茎も少し長い・・・ 集散花序で雌花に比べれば大きい・・・
P4290063

2018年5月16日 (水)

マメホラゴケ

 「マツバコケシダかも知れない」と言う情報を得て、早速確認に行って来た・・・
P5050002
 このように、何せ小さなシダ・・・ 胞子葉があることを確認してから葉をルーペで確認する・・・
P5050003
 残念ながら マツバコケシダ では無かった・・・
P5050010
 マメホラゴケ  コケシノブ科 アオホラゴケ属   絶滅危惧Ⅱ類(VU)   国内では石垣島、西表島に分布する
P5050021

2018年5月15日 (火)

ワニグチモダマ

 先日歩いた海岸林に2度目の開花が見られた・・・
P5130001
 ワニグチモダマ  マメ科 トビカズラ属  準絶滅危惧(NT)
P5130003
 まだ多くの堅い蕾が垂れ下がっている・・・
P5130004
 

2018年5月14日 (月)

ハスノハヒルガオ

 今年も県道沿いに黄色い花が目立ち始めた・・・
Cimg8991
 生育に気付いた当時は、物凄い繁殖力に脅威さえ感じたものだったが・・・
Cimg8995
 ハスノハヒルガオ  ヒルガオ科 ハスノハヒルガオ属  帰化(熱帯アジア〜太平洋諸島原産)
Cimg8994
 確認後、既に10年以上経過したのだが、思ったほどには繁殖して無いようにも思える・・・
Cimg8992

2018年5月13日 (日)

伊武田崎から

 今日はある海岸植物の確認を兼ねて西部・伊武田(いんだ)崎を歩いてみた・・・
P5130020
 目的は左前方の岩・・・ 確認に行った成果はあったのだが、残念な事には花は咲いていなかった・・・
P5130019
 リーフの向こうには鳩離島、遠くかすむのは鳩間島・・・ おだやかな海であった・・・
P5130024
 この先端が伊武田崎・・・
P5130031
 伊武田崎を廻るとクーラ浜、遠くに赤離島ものぞむ・・・
P5130032
 伊武田崎先端から海中道路を遠望・・・ 右手には船浦集落、上原集落
P5130033

2018年5月12日 (土)

ナタギリシダ

 少し前に山中を徘徊していて出会ったシダ・・・
P4040015
 もっと近場での確認はあるのだが、こんな山中で出会うとは・・・ 2箇所目の確認
P4040016
 ナタギリシダ  ヒメシダ科 ヒメシダ属  琉球列島に自生し、熱帯に広く分布する
P4040018
 葉のアップや鱗片などの画像が無い・・・ 残念
P4040023

2018年5月11日 (金)

ヒトツバコウモリシダ

 普通にあり、場所によっては群落を作る場合もあるシダ・・・ 
P5100053
 なのだが、シダの師匠に注文を頂いているものなのかどうか・・・
P5100052
 ヒトツバコウモリシダ  ヒメシダ科 ヒメシダ属   トカラ列島以南に分布
P5100051
 典型的なものでは無く、ちょっと変わった特徴のある形態の注文であり、難しい・・・ さて今回のものはどうだろう?
P5100050

2018年5月10日 (木)

タカサゴシロアリの巣

 本日歩いた林内の歩道そばにあったもの・・・
P5100054
 タカサゴシロアリの巣・・・ 時々見掛けはするのだが、林床が透いていたこともありやけに目立っていた・・・
P5100056
 幅は40cmほどもあっただろうか・・・
P5100057
 逆方向から見ると蟻道が続いている・・・
P5100058
 この補修された窪みは、多分昨年あたりにアカショウビンの巣として利用されたものだろう・・・

«サキシマスケロクラン